中国のタクシー事情

   2014/09/03

中国大連のタクシーは3年前は7元(105円)スタートだったが今は10元(170円)になっている。
中国のタクシーの特徴は乗車拒否はあたりまえ、自分の行きたい方向と違えば無視して立ち去る。さらには相乗りがあたりまえで方向が一緒であれば相乗りさせて全員から徴収する。ある意味ではとても合理的だ。トランクの荷物などの出し入れするサービスはまったくない。車を抜かす時は必ずクラクションを鳴らす、だから中国の道路事情はとてもうるさい。急発進、急ハンドル、急ブレーキもあたりまえで乗り心地は最悪である。びっくりするのは運転手はタバコを吸うが客には吸わせないことだ。

中国人タクシードライバーが社内の温度まで気にする日本のMKタクシーのサービスをみたらびっくりするのではないかといつも思う。

20140903-104624.jpg

 

ちなみに写真は帰宅ラッシュの中で必死でタクシーと相乗り交渉している弊社の社員です!5台目でやっと乗れました。


「IT集客パートナー」
ITの裏方としてクライアント企業様の
WEBマーケティングを応援します。
http://realmax.co.jp


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。