日本人とカンボジア人の違い

   2015/10/23

DSC_0583

日本人とカンボジア人の違いは如何に

弊社は日本と中国とカンボジアにそれぞれオフィスを構えてそれぞれの国の人材がいます。どの国であろうが人材の成長がその国での成功の大きなカギになると思います。言語、文化の違いはありますが根本的に人材の成長は同じだと思います。それはしっかりと愛情を持って関わっていくことだと思います。愛情を持って関わりを持つことで存在価値を感じることがまずは大切だと思います。

そしてその人材の長所を見つけてあげることです。その人材の持つ長所を仕事と結びつけることで自分がその会社の役に立っていることがわかればやりがいに繋がります。自分の得意とする長所でパフォーマンスをあげることができれば仕事はとても楽しいものになると思います。

日本人は確かに応用が効き空気を読んで仕事をします。日本人のいう空気を読むということは外国人には理解できません。ストレートに言わなければ伝わりません。良きも悪きも空気を読むというのは日本の特有の文化なのでしょう。

カンボジア人はとても素直で真っ直ぐな人柄です。まだまだ文化が追いついていないため知らないことが多々あります。サービスとは何か?なぜそんなに急がなくては行けないのか?なぜ嬉しくないのに笑顔を出さなければならないのか?などなどたくさんありますが愛情を持って関わり教育することが人材から人財になることだと私は思います。

 

 

 


「IT集客パートナー」
ITの裏方としてクライアント企業様の
WEBマーケティングを応援します。
http://realmax.co.jp


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。