世界3大航空アライアンス制覇!

   2015/11/26

^6CA4996C0D6850A5EAA42856FA69871BB45679F5E948386A4E^pimgpsh_fullsize_distr 20151126

これで世界中にあるほとんどの空港で、特別なサービスが受けられる。

アライアンスとは?
複数の企業がお互いの利益のために協力し合う経営スタイルのことを言います。業務提携することで経営資産の相互活用を構築し、相乗効果が生まれより高いサービスの提供が可能となります。

主要航空会社はそのほとんどがこの提携ネットワークを組んでおり、ANAの場合『スターアライアンス』、JALは『ワンワールド』、デルタは『スカイチーム』とこのネットワークに属しています。そしてこの3つのネットワークが世界3大アライアンスと言われています。

それぞれのネットワークにはアライアンスメンバーという規定があり、利用者はそれぞれの規定渡航マイル数をクリアすればメンバーになることができます。

僕は年間に約100回飛行機に乗るため、今回この3大アライアンス全てのプライオリティメンバーになることができました。

毎月、広島からカンボジアへ向かう際も、日本とカンボジアの間に直行便がまだない為、3回乗り継いでカンボジアに行っています。往復6回のフライトで年間に換算すると72フライト。その他の国々への渡航を含めると約100回のフライトになります。

その為、空港での過ごし方がとても重要になります。各種アライアンスのサービスや優先搭乗、優先レーン、ラウンジをフル活用して効率的に空港での時間を過ごしています。例えば、朝のフライトの場合は早めに空港に向い、優先レーンで素早くチェックイン、アップグレードの申請などを行い、素早くラウンジに入っています。そしてラウンジで朝食をとることで、時間に追われず余裕を持って空港内を過ごすことができています。

また、夜のフライトもラウンジで夕食を取り、敢えてワインなどの少量のキツめのお酒を飲み、離陸後、爆睡して機内食など食べない。その為に朝、日本に到着してもそのまま仕事に向かうことができるルーティーンを作っています。

^2926BD1F496D92381B5CC71E558981D324FBF1C045E86284D2^pimgpsh_fullsize_distr

3大アライアンスの『スターアライアンス』『ワンワールド』『スカイチーム』ともう一つおまけに『プライオリティパス』があれば、さらに快適です!ほとんどの、国際空港でステータスが受けることができます。アジアではバンコク、香港、シンガポールなどではラウンジのハシゴもできます。体の健康や疲労を考えてもグローバルなビジネスマンには空港での過ごし方はとても重要です。

^B627FF627FA3D080AF610B21E618B87CB5D23C6D1E068347A2^pimgpsh_fullsize_distr(2)


「IT集客パートナー」
ITの裏方としてクライアント企業様の
WEBマーケティングを応援します。
http://realmax.co.jp


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。